マイホームを貸すこと | 分譲住宅という選択:マイホーム選びの極意

分譲住宅という選択:マイホーム選びの極意

マイホームを貸すこと

マンション

空いた部屋の有効活用

AirBnBというサービスが、最近日本に入ってきました。このサービスを利用することで、空き部屋を有効に活用できます。
旅行者にとって宿代は大きな問題で、できれば安く泊まれる方がいいと思うのは自然なことです。そこで、AirBnBというサービスでは個人の自宅における空き部屋を提供して、泊まれる場所を貸し出すことができます。
もちろん、AirBnBでの部屋貸しはただというわけではなく、個人が自分で設定した価格で泊まれる部屋を提案して、宿を探している人がその価格と内容で納得すれば宿泊予約をして、実際に泊まれるシステムになっています。
マイホームを貸すこと、それによって自宅を空けている期間を有効に活用できます。賃貸マンションやリロケーションよりももっと手軽な方法で、自分の部屋を友人に貸すような感覚で、宿泊業のようなことを営めます。

自由な宿泊時期の設定

AirBnBでは、宿泊客を受け入れる期間を自由に設定できます。それによって、自分が家を開けている期間だけ貸すことや、空いている部屋を自分が家にいる時期だけ貸すことも自由に検討できます。
最終的には自分が提供した物件や部屋に対して、相手が納得してくれれば利用申し込みが来るため、とりあえず自分がこの条件なら止められる、という条件設定をしておけばそれで良いです。
必ず宿泊客が取れるとは限りませんが、宿泊客が納得できる状況にあるなら間違いなく客付きがあると考えられます。
お互いの都合が良いタイミングで、上手に空間を活用できる方法がAirBnBです。