戸建ての魅力 | 分譲住宅という選択:マイホーム選びの極意

分譲住宅という選択:マイホーム選びの極意

戸建ての魅力

住宅街

周りが気にならない

戸建て住宅とマンションを比較することは、住宅購入前に必ずと言ってよいほど毎回行われる、永遠に決着がつかない議論です。
この2つのどちらが良いか、それは絶対的な答えのない問題です。最終的には、どちらのメリットに価値を見出すのか、ということが選択基準だといえます。
ただし、快適な暮らしを過ごしたいと思うならば間違いなく住居は戸建のほうが良いです。その根拠に、周りが気にならないという利点があります。
どんなにきれいな見晴らしが手に入っても、隣の家が気になって思うように生活できないのがマンションの問題点です。子供が生まれると、その問題はなおさら顕著になります。
生まれたての幼児期には夜泣きで周りに気を遣い、走れる程度に大きく成長すれば足音に気を遣い、元気いっぱいの小学生になる頃には日頃の生活態度で周りに迷惑をかけていないか気を遣う。それが、マンションと子どもとの関連性です。
また、映画を観る趣味があるなら、ホームシアターシステムを導入することもあるでしょう。ですが、マンションの環境で堂々と大音量で映画を観られるかといえば、それはありえないことです。
戸建て住宅なら、隣の家と少なくとも壁が接していることはありませんし、地域によってはかなり家と家との間が離れています。都会でも壁伝いに音が伝わることはなく、独立した住居として存在しているのが戸建ての特徴です。
限度はありますが、ある程度家族が騒いでも、大きな音を立てても、自宅の壁と空気の層、そして隣家の壁が吸音材としての役目を果たしてくれるため、日常生活で生まれる騒音は気にしなくてよいです。
また、戸建てだからこそホームシアターシステムや音楽鑑賞、音楽演奏のための部屋を作ることも可能です。
何よりも周りが気にならない自由、それが手に入るのが、戸建ての魅力です。